結婚指輪物語VR レビュー

気になっていたVR漫画「結婚指輪物語VR」が2018年5月31日にOculus Rift版がリリースされました!

感想としては、凄い!でも短い!!

対応デバイスOculus Rift、HTC Vive(6月予定)
ショップOculus Store
コントローラOculus Touch、Viveコントローラー
言語日本語(字幕、吹き替え)、英語(字幕のみ)
価格Oculus Store:1,990円
快適さ快適
プレイタイム約30分


エンディング曲(?)を入れると大体30分です
それでお値段1,990円!!

没入感はあるので一瞬で終わっちゃいます

ん~~この値段だと・・・短い

VRアニメの斬新なアイデア・技術!

「VR漫画」ということですが、フルCGアニメです。フルボイスです

モノクロ、セルルックCG(トゥーンレンダリング)、吹き出し、コマ、効果音の文字表示といった漫画的な要素をうまく使っている3DCGアニメですよ

VR漫画とするなら、バーチャル空間でページをめくれるとか、コマのキャラクターを掴んでで動かしたり、剣でコマを切ったら展開が変わるとかを想像します

フルCGアニメ・・・VR漫画のハードル上げすぎw

でも、アニメをVRで表現する方法として、この漫画風はいいアイデアだと思います

アニメや映画はストーリーを語るのがメインで、場面やカメラ位置はコロコロ変わります

ですが、VRでは同時に1つの視点が基本となり、場面をコロコロかえると混乱してしまいます。また、ユーザーがどこを向いているかもわかりません

そのVRのデメリットを漫画のコマという要素を使ってうまく切り取って表現しています。このアイデアは凄いですね

上の動画では、2つのコマを表示して二人の表情が見られるようにしています

そのコマ一つ一つもフルCGで表現されているので、コマの中を覗くこともできる

すごい!

また、覗き込むだけでなく、コマの中に入って360度表現されいてるシームいくつかあります

いやーすごい!!

でも、でも、30分で1,990円は高い!

VRの新しもの・VRの新しいアイデア・VRアニメを作りたいと思っている人には興味ある人にはオススメします。。。

内容

結婚指輪物語(1) (ビッグガンガンコミックス)
結婚指輪物語(1) (ビッグガンガンコミックス)
幼馴染みのヒメから別れを告げられた男子高校生・サトウ。ヒメを追いかけてたどり着いたのは・・・。
漫画をチェック

「結婚指輪物語」という漫画の第1話(1巻ではない)の2/3ぐらいを忠実にVR漫画化した作品です

公式サイトで「結婚指輪物語」1巻の漫画の試し読みが出来ますが、VR漫画になっている1話はすべて読めます

第1話の2/3なので、序盤です。物語がこれから始まる!!!っというところで終わります!!

エンディング曲(本来ならこの後から物語が始まるのでオープニング曲?)でクレジットが流れている間ずっと「えっ!これで終わりじゃないよね。終わりじゃないよね!」って祈ってました

でも、終わりでした・・・・。(続きは、異世界に飛ばされて魔物と対戦などあるので、、、神殿、魔物、戦闘などなど要素が急激に増えるので予算的に厳しかったのだと思います)

VRの続きは「漫画」で!?

それと、「漫画」を強調するためにモノクロなのですが、カラーでもいいような。ってか、カラーがいい!

ちなみに、パンツは見れますが、モノクロのせいかセクシーさはあまり感じませんでした。。。

気になる続きはあるの?

2018年3月28日のインタビュー記事によると

続きについては制作検討中
開発のスピードがある程度上がらないとエピソードのリリース間隔が空いてしまうため、制作の基盤をもう少し強化してから検討する
http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20180326061/

とのことで、3月時点では続編の制作はしていないということですね

多分、売上次第なのでしょう

続きを出す前提でこの価格はありえない。無料で続編が見れたり、追加シナリオ1本数百円ぐらいのDLCなら考えられるのですが。続編を出すという情報は今のところ無し

実験として作って、ダメなら辞めるっという感じの価格設定ですね(勝手な推測です)

制作費(推測)

ということで、勝手に制作費を推測してみます

アニメ1本(25分)の制作費は、大体1300~3000万円だそうです

エンディング曲やVR化の技術を考慮すると、5000万~7000万円ぐらいかな~と勝手に推測(研究費もあるのでもっとかも)

定価1,990円で、単純計算で約2.5~3.5万本以上売り上げてプラスになる

Oculus Rift + HTC Viveユーザーが約450万(参考記事:インストールベースではハイエンドVRヘッドセットが450万台)なので、約0.5%以上のユーザーが買ってくれればいいんですね

まだ対応の発表はされていないPSVRユーザーは約200万以上(参考記事:PSVR2017年12月で200万台)なので、対応したら更に確率は高まる

モバイルVRヘッドセット(主にGear VR)が900万台(参考記事)なので、対応したらさらにさらにチャンスは広がる

でも内容が・・・

ちなみに、今超絶ヒット中のVRゲーム「Beat Saber」は発売1週目で5万本、1ヶ月で10万本だそうです。(参考記事1参考記事2

ただ、VRゲームで売上1億円以上に達したゲームはまだ数える程しかないようなので、厳しいかもしれない。

その他のVRデバイス対応は?

現在はOculus RiftとHTC Viveのみ対応と発表されていますが、PSVRやOculus Go、Gear VRにも対応できると思います

最初の言語選択以外はコントローラーを使わないのでコントローラーの変換性は考慮しなくていい、またグラフィックもモノクロということもありそれほど高性能なPCを必要とはしないと思うので十分ありえます

また、ゲームエンジンのUnreal Engine4で作られており、Unreal Engine4はマルチプラットフォームに対応しているので、PSVRへの変換は不可能ではないでしょう

これも売上次第なのかな

コンテンツ的には、PSVRやOculus GoなどのVRライトユーザーの方が相性がいいと思いますが、30分序盤という内容に怒るユーザーは多そう・・・。技術・アイデアが凄いと言われてもねぇ・・・

そもそも実験的なプロジェクト

「結婚指輪物語VR」は2016年の東京ゲームショーで初お披露目されたもので、「プロジェクトHikari」という新しいVR表現の実験の一つでした

それから2年かけて製品化するまでこぎつけたようです。ちなみに、2016年版はHTC Viveで制作されてました。

今後のPSVR、Oculus Go、GearVRの対応は実験・研究の一環としてありそうではある

そして、制作体制を整えて、次話以降コストを下げていければ続編もありえるかと思います

他作品で長編するとか、フルCGアニメの特典・派生として作るとかもありそうー

期待してまーーす!!

でも、フルカラーVRアニメでいいよっ!!

以上。

次でるっぽいよ

2018/7/22追記

Oculus公式ブログに投稿された、結婚指輪物語VR プロジェクトリーター曹 家栄氏へのインタビューによると、次作も制作中だそうです。

https://www.oculus.com/blog/where-manga-meets-vr-square-enix-talks-project-hikari-and-the-future-of-narrative/

おまけ:その他の漫画風アニメ

デッドデーモンズデデデデストラクションの漫画の雰囲気をそのままアニメにした動画(約1分)

上のアニメ動画のアニメーション制作解説動画集
https://area.autodesk.jp/movie/maya-animation/

ッドデッドデーモンズデデデデデストラクション(1) (ビッグコミックス)
ッドデッドデーモンズデデデデデストラクション(1) (ビッグコミックス)
3年前の8月31日。突如 『侵略者』の巨大な『母艦』が東京へ舞い降り、この世界は終わりを迎えるかにみえた――
漫画をチェック

応援する(500円)

↑応援してくれたら更新頻度が上がるかも

コメント

コメントを投稿する

*

あなたにオススメ

facebookで新着記事をチェック!
Twitterで新着記事をチェック!