Oculus Rift S の設定が出来ない時にチェックすること

筆者はOculus Rift Sの設定で、延長ケーブルが使えなかった以外は問題は無かったのですが、一部ユーザーでその他の理由で設定できない問題があるようです

Oculus Rift S の設定が出来ない時にチェックする方法・設定方法を集めてみました

Oculus Rift Sのケーブルは直接PCに刺す

Oculus Rift Sから伸びる、DisplayPortとUSB3.0を接続するにあたり、延長コードやハブを間にはさんで接続していると、正常に機能しない場合があります

筆者も、PC → 5m DisplayPort → 連結デバイス(DisplayPortのメスとメス) → Rift SのDisplayPort で接続した場合、Oculusアプリで認識はされるのですが、ヘッドデバイスに映像が写りませんでした。しかし、直接PCに接続すると写りました。(連結デバイスが不良品だったようです)

USBの場合、ハブや延長ケーブルがUSB3.0ではなかったら、接続出来なくなります

USB3.0チェック

ユーザーファイル名が全角だとエラーが起こる

ユーザーファイル名が全角半角カタカナでも問題あると思う)の場合、エラーが起こるという報告がtwitterで多数ありました

We’re Having Trouble Starting Oculus
Your Oculus Software may be updating. Please wait a minute and try again. If the issue continues, contact Oculus Support.

というエラーの場合、ユーザーファイル名の問題が多いようです

参考記事:「【解決?】Oculus Rift Sがセットアップ出来ない」

解決方法は、ユーザー名を変更するか、別の半角英語の名前のユーザを追加するかになります

ただし、ユーザー名を変更すると、他のアプリに影響があるので、新規ユーザーを追加した方が安全です。その場合、Oculusをする時にいつも使っているアカウントから切り替える必要があります

新規ユーザーを追加して、いつも使っているアカウントからゆっくり移行するのがいいでしょう!もし、PCを新しく買って設定したばかりなどの場合は、ユーザーファイル名を変更してもいいかもしれません

ユーザーファイル名を変更する方法>[Windows10] ユーザーフォルダの名前を変更する – 今日も一日PCと

「ユーザーファイル名」って何!?っという方もいるかも知れないので、少し説明します。

「ユーザーファイル名」とはWindows10(10じゃない場合は、対応していないのでアップグレードしましょう)を最初に設定する時に作るアカウントのユーザー名です。そこで、日本語のユーザー名を設定してしまうと、ユーザーファイル名も全角の日本語になってしまいます

ユーザーファイルには、ユーザのドキュメント、デスクトップなどなどや各アプリの情報などいろいろ入っているとても重要なフォルダになります

ユーザーファイル名の確認方法としては、OSが入っているドライブ(通常はCドライブ)の「ユーザー(User)」フォルダのシステムが作ったフォルダや「パブリック」フォルダではないフォルダの名前をチェック

複数のユーザーでPCをアカウント別で使っている場合は、各ユーザー毎にフォルダがあります

USB電源管理をオフにする

プレイ中に突然接続が切れてしまった時は、USBへの電源供給の問題かも知れません

Windowsでは、使用されていないUSBポートへの電力を削減する機能あり、時々これが誤検知を起こし、Oculus Rift Sが使用しているUSBポートへの電力を停止してしまう場合があります

その機能をオフにして、電源供給停止を防ぎます

まず、Windowsボタンを右クリックして「電源オプション」をクリックします。「電源とスリープ」画面で「電源の追加設定」をクリック

電源オプションページが表示されたら、「高パフォーマンス」にチェックを入れて、その左にある「プラン設定の変更」をクリック

ゲームをする場合は、グラフィックボードなど電源をよく食うので「高パフォーマンス」設定がおすすめです。ただし、電気代高くなります

プラン設定の編集ページで、「詳細な電源設定の変更」をクリックします

別窓「電源オプション」が表示されます。その、USB設定→USBのセレクティブサスペンドの設定を無効にして適用します

さらに、デバイスマネージャーで「Oculus Rift S」のUSBへの電源供給の設定変更をします

Windowsボタンを右クリックして「デバイスマネージャー」をクリックします。次に「ユニバーサルシリアルバスコントローラ」をクリックします

Rift S USB Hub」を右クリックして、オプションをクリック。複数のUSBに抜き差しした場合は、複数あるので全て設定変更します

「電源の管理」タブで、「電力の節約のために、コンピュータでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」のチェックを外して「OK」で保存します(筆者のPCでは、最初からチェックは外れてました)

情報元:https://uploadvr.com/how-to-fix-rift-s-tracking/

他のUSBポート、DisplayPortを使ってみる

今どきのPCはポートが多数あるので、他のUSBポート・DisplayPortに差し替えて試してみましょう

PCの前や上面にあるUSBポートは、内部で延長コードを使っているので、PC裏のUSBポートの方が確実です

なお、情報によると、USBを差し替える度に、DisplayPortを抜き差しする必要があるそうです

情報元:https://uploadvr.com/how-to-fix-rift-s-tracking/

Oculus Rift S本体とPCのケーブルを抜き差ししてみる

単にケーブルがしっかり刺さっていないだけの場合があるので、ケーブルを抜き刺ししてみましょう

ケーブルを再び刺し直す時は、5秒ぐらい時間をおいてください

なお、Oculus Rift S本体のケーブルを抜くには、フェイスカバーを取り外す必要があります

フェイスカバーを取り外すには、上の写真の緑線の部分でカバーが引っかかっているので、鼻の方から順に少し力をいれて外していきましょう(カメラレンズは触らないように気をつけましょう)

左上にケーブルが繋がっています。ちなみに、右上に刺さっているのはスピーカーのコネクタでした

再度カバーを装着する時は、鼻のゴム部分が噛み合わさっているので、注意しながら取り付けましょう

Oculusアプリを修復

もしかしたらOculusアプリのデータが壊れているかもしれません

https://www.oculus.com/setup/ からソフトウェアをダウンロードして、「Repair(修復)」でアプリを修復しましょう

それでも接続できない場合は

Oculusのサポートへ連絡しましょう。出来ればログも添付しましょう(英語ですが、ログ収集方法はこちら

Oculusサポートお問い合わせ:https://support.oculus.com/885981024820727/

ケーブル5mでは短い時、延長する方法は?

筆者の環境では、PCとVRできるスペースが離れているので、5mのケーブルでは不十分でした

なので、延長ケーブルを使おうとしたのですが、 連結デバイス(DisplayPortのメスとメス)が不良品だったようで、認識はされるけど映像が写らないということが起きました


アマゾンで1,000円ぐらいで買ったもの。Oculusではなく、通常ディスプレイで使ってみても写らなかった・・・中国製でレビュー2件、使えた!全く使えない!の両極端だった。たまたま不良品にあたってしまったのか?

なので、今別のDisplayPort(メス&オス)を注文しているので、ケーブルが届いて延長ができたら報告します

サンワダイレクトの2メートルのDisplayPort延長ケーブルは筆者の方でOculus Rift Sとの接続確認しました!

サンワダイレクト DisplayPort 延長ケーブル 4K / 60Hz 対応 2m オス/メス ver1.2準拠品 ブラック 500-KC028-2
サンワダイレクト DisplayPort 延長ケーブル 4K / 60Hz 対応 2m オス/メス ver1.2準拠品 ブラック 500-KC028-2
DisplayPort規格ver.1.2準拠品で、最大21.6Gbpsの伝送速度に対応し、最大4K/60Hzの高解像度表示が可能です。
チェック

ちなみに、DisplayPortのオス&メス延長コードで、日本アマゾンでは5mのものを見つけられず、とりあえず2mの延長コードと、米国アマゾンで3m(10フィート)の延長コードを購入してみた。(オス&オスのDisplayPortはいっぱいある)

米国アマゾンで注文したのが届くのは3週間後でぃ!!

Oculus Rift S
Oculus Rift S
【正規輸入品】Oculus Rift S (オキュラス リフト エス)。2019年5月21日発売。Oculus Rift CV1の新型
購入する
コメント

コメントを投稿する

*

1件のコメント

  1. VRゲーサイコー

    私も riftSが設定できず困っていて、とても参考になりました。ありがとうございます。

    私の場合、OculusHome「デバイス設定」の『部屋の照明の電源周波数』で “50Hz” を選択したところ 直りましたので報告致します。
    ちなみに “自動”のままだと 真っ暗、”60Hz”だと 砂嵐になるので (私の場合は)これが原因だった可能性が高いです。

    なお 電力会社に確認したところ、当地域は 60Hzでした。

    サイト内容を 全て実行しても直らない方は、お試し下さい。

    2019年06月05日 14時30分 | 返信

あなたにオススメ

新着動画

動画を読み込む

Youtubeチャンネルへ

facebookで新着記事をチェック!
Twitterで新着記事をチェック!