Echo Combat オープンベータ プレイ

VRスポーツゲーム「Echo Arena」の戦闘版「Echo Combat 」のオープンベータ開催中です

日本時間で2018年6月22日(金)午前2時30分~25日(月)午前2時まで。

https://www.oculus.com/experiences/rift/1369078409873402/

入ったらスタッフらしき人が丁寧に説明してくれました。
「RAD_***」という名のユーザーはスタッフだと思います。RADは開発会社「Ready At Dawn」の略かな

もちろん英語だったのですぐに理解できなかったのですが、しばらくいじってると分かってきたので解説してみます

その後、マッチ(対戦)をしようと思ったのですが、マッチボタンを押しても40分以上「マッチ検索中・・・」で一向に始まらなかったので断念しました。。。

オープンベータは、時間が決まっているので混み合っていたのだと思いますが、対戦したかった!また、後で挑戦します

はじめに

Echo Arenaは、無重力空間で3対3のVRスポーツゲームです。フリスピーみたいな円盤を奪い合って相手のゴールに入れると得点になるというもの。

Echo Combatは、その戦闘版で銃やグレネードで撃ち合って競い合うオンライン対戦専用VRゲームです。

名前はEcho ArenaからEcho VRに変わっています。

既にEcho Arenaで遊んだことのある方は、Echo Arenaを自動アップグレードするとEcho Combatも遊べるようになり、ゲーム名も「Echo VR」に変わります

Echo VRを起動してロビーでEcho ArenaかEcho Combatを選ぶ流れです。

Echo Arenaは無料ですが、Echo Combatは9.99ドルで2018年後半にリリース予定。オープンベータは無料です。

起動すると「PLAY」と「TUTORIALS(チュートリアル)」があり、Echo Arenaを遊んだことがない方はチュートリアルで移動方法を練習しましょう。

無重力VR空間なので、チュートリアルをしないと動けないと思います

PLAYで始めると・・・

「ヘイ!クオ!」っと呼び止める声が(私のユーザー名はQuo-Gameなのでクオ)

RAD_***さんに呼び止められました。どうやらスタッフさんには新人が来ると分かるみたいです

RAD_***さんに言われるがままついて行き、Body SwapパネルでEcho Combat用の体に変えます

そして、前方にあるトレーニングエリアへ

移動方法など

Echo Arenaと同じです。無重力空間をフラフラ~。
移動方法はEcho Arena用のチュートリアルで練習してください

トレーニングルーム

トレーニングエリアに入ると、右手から銃が出てきて右トリガーで撃つことができます

トレーニングルーム内にあるパネルで、武器のカスタマイズができます。対戦前と破壊されて次のスポーンまでの間に武器変更が可能のようです

パネル左から「支援ツール」「サブ武器」「メイン武器」それぞれ変更できます。

オープンベータ時は

  • 支援ツール:2種類
  • サブ武器:1種類
  • メイン武器:3種類

から選択

メイン武器

  • PALSAR(パルサー):オートマチックハンドガン風レーザー銃
  • NOVA(ノバ):ショットガン風レーザー銃
  • COMET(コメット):レーザースコープ付き単発レーザー銃

メイン武器パネル(WEPONS)を押すごとに切り替わります

PALSAR(パルサー):オートマチックハンドガン風レーザー銃

右トリガーを押している間、連射できるレーザー銃。基本の銃となりそう

撃ち続けているとオーバーヒートして止まりますが、左手で手首あたりのボタンに触れると急速にクールダウンしてくれます

NOVA(ノバ):ショットガン風レーザー銃

ショットガンの様にレーザー弾が広範囲に散らばる銃です。敵を正確に狙わなくても当たる銃です

銃の形も変わってますね

COMET(コメット):レーザースコープ付き単発レーザー銃

右トリガーを押したままにするとレーザースコープが表示され、離すと弾を撃ちます

スコープがあるので狙いやすく、パルサーより1発のダメージが大きいです

サブ武器

サブ武器はオープンベータでは1種類のみ。今後2種類予定のようです

DETONATOR(デトネーター):スイッチ式グレネード円盤

デトネーターは、左右の肩あたり(Oculus Rift後ろ)あたりを左右の握るボタンで握ると掴めます

円盤みたいなグレネード弾

これを投げて、投げたてのトリガーボタンを押すと起爆します

一度使うと一定時間(数秒)はインターバルがあり連続使用はできません

支援ツール

支援ツールはオープンベータでは2種類。

  • REPAIR MATRIX(リペアマトリクス):回復エリア
  • THREAT SCANNER(スレッドスキャナー):周囲スキャン
REPAIR MATRIX(リペアマトリクス):回復エリア

左トリガーを押すと一定時間近くにいる仲間を回復させます

緑のレーザーが出て仲間を回復させてます。

支援ツールも、サブ武器と同様に連続使用はできず、一定時間のインターバルがあります

THREAT SCANNER(スレッドスキャナー):周囲スキャン

使用すると周囲をスキャンして、物陰に隠れている敵を見つけることができます

トレーニングエリアでは、多数のトレーニング施設があるので、いろいろ試してみましょう!

マッチメイキング

練習が終わったら、いよいよ対戦に挑もう!!

マッチメイキングエリアに移動しよう。場所は施設の中心にある

円にパネルが並んでいて中心にこのロビー施設のホログラムマップがある部屋だ

そこのパネルで左の「COMBAT MATCH」を押そう

右側の「ARENA MATCH」を押すとEcho Arenaの対戦ができる

私がプレイした時は、「Finding match…(対戦を検索中)」と出たまま、40分以上対戦が始まらなかったので一旦諦めました

オープンベータが始まった直後にアクセスしたから混み合っていたのだと思う

週末再挑戦するぞー!

ルール

3対3(たぶん最大は5対5)で、攻撃側と守衛側に別れ、攻撃側はPAYLOADというアヒル型の乗り物を守りつつチェックポイントまで誘導し、守衛側はそれを阻止します。

敵に倒されても数秒後にリスポーン(復活)します。

ルールはロビー施設のEcho Combatエリアの壁に貼ってあります

青チームが守衛側、オレンジチームが攻撃側

守衛側がPAYLOADを掴むとPAYLOADは停止します。守衛は対戦開始前に1分間の準備時間がある。

攻撃側がPAYLOADを掴むとPAYLOADは進みます。攻撃側の方がスピードが早い。

・チェックポイント
PAYLOADがチェックポイントを通過すると対戦時間が追加される

・時間の延長
対戦時間が終了した時に、攻撃側がPAYLOADを制御してる場合は延長される。
そのまま攻撃側がPAYLOADを確保してる間は延長が続く。
攻撃側がPAYLOADを確保できなくなり、残り時間がなくなると延長終了。

スポーンポイント:復活できる場所

破壊されても一定時間後に復活できる。復活できる場所は決まっていて、戦況によって変わる。

感想

面白いけど、もう少しスパイスと遊びが欲しい!!

スポーツライクなシューティングコンバットですね。オープンベータでは3対3だったのですが、4対4以上で人が多いほうが楽しそうです。

また、攻撃側と守衛側に別れますが、どちらかの方が有利なゲームになりそうです。私がプレイしたところだと守衛側が有利かなと感じました。

ちなみに守衛側しかプレイできなかったのだけど・・・。

リリースまでにもっと洗練されてほしいなと思います。凄くポテンシャルのあるゲームです。

Oculusはe-sportのゲーム大会にも力を入れており、Echo Arenaの大会も開催予定です。多分Echo Combatの大会も考えていると思うので、友達をチームを組んで極めるのもいいと思います。

VRはまだチャンスがあると思いますよ~

https://vr.eslgaming.com/

また、プレイできたら情報追加する予定です

でわ楽しいVRコンバットを!

参考記事:https://www.oculus.com/blog/battle-ready-the-first-echo-combat-open-beta-starts-today/

応援する(500円)

↑応援してくれたら更新頻度が上がるかも

コメント

コメントを投稿する

*

関連記事

  • E3 2019 VRゲームまとめ

    E3 2019 VRゲームまとめ

    2019年06月17日 2019年08月23日更新

    E3 2019のVRゲーム情報で気になるものをまとめました。一応、発売予定順...

あなたにオススメ

facebookで新着記事をチェック!
Twitterで新着記事をチェック!